【後輩部下指導育成コース】学びとる力(社会人基礎力)の育成

セミナー名 【後輩部下指導育成コース】学びとる力(社会人基礎力)の育成 研修日数 1日
対象者 教育担当者の方 持ち物 筆記用具
研修の狙い このプログラムは、演習を通して「学びとる力を育てるスキル」を身につけることを目的としています。
現代のように技術革新のスピードが速く、職種連携など多様な価値観との葛藤が起きやすい環境下では、教えることも然ることながら学習者の「学び取る力」を支援することが重要です。
まずは、仕事を体験した後に「何があった?」「どう感じた?」「何を考えた?」「何が言える?」と内省学習の機会を設ける。そしてもう一つ、学習者が目標に向かってとっていた行動について、周囲からフィードバックすることで、行動を修正・強化する。また、自分自身のセルフリフレクション力や上手にフィードバックを受けとめる力を育むことへつなげます。

〈目標〉
1.体験学習における指導者の役割、求められる姿勢を確認する
2.フィードバックとは何かを学ぶ
3.演習を通してフィードバックのスキルを身につける
4.リフレクションとは何かを学ぶ
5.演習を通してリフレクションの進め方を学ぶ
6.リフレクションの質を高める質問、傾聴について学ぶ
研修の内容 〈オリエンテーション〉
・研修のねらい
・学ぶ力とは何か
・叱る指導で効果が上がらない理由

〈体験学習と指導者〉
・体験学習の基本
・体験学習における指導者の役割、機能

〈フィードバックの基本〉
・フィードバックとは
・フィードバックの目的と条件
・客観的事実
・主観的事実
・フィードバックコントロールとは
・演習

〈リフレクションの基本〉
・リフレクションとは
・リフレクションのフレームワーク
・演習とフィードバック

〈質問と傾聴のスキル〉
・質問の目的と効果
・目的を持った質問と使い分け
・傾聴の目的と効果
・ぺーシングとリーディーング

〈振り返り演習〉
・本日の学習のリフレクション
・研修へのフィードバック
研修の時間 〈東京〉3/7、4/30
備考 〈東京〉3/7、4/30

サイト検索

記事一覧