【医療・介護者コース】看護補助者研修 業務拡大にむけて

セミナー名 【医療・介護者コース】看護補助者研修 業務拡大にむけて 研修日数 半日
対象者 看護補助業務にあたる方 持ち物 筆記用具
研修の狙い 看護補助者の業務拡大の目的のひとつに「療養環境の質向上」があります。
まずは事前課題を行い、看護補助者自身が「看護師が実施するよりも自らが実施した方が患者の満足度が高い」と考える業務を把握することで、自己効力感につなげます。その上で、「政策としてどのような業務がどのような目的で看護補助者に移譲されようとしているのか、診療報酬上の処遇をどう整えようとしているのか」の理解につなげます。最後にカンファレンス形式で、多職種協働に必要な観察力、コミュニケーション力、ツールについて考えます。
以上のプロセスを経て、看護補助者が仕事の魅力を再発見できるよう、動機づけを支援する研修です。

〈研修の目標〉
1.看護補助者の病院における役割の変遷を学ぶ
2.患者・家族が期待する看護補助業務について検証する
3.身体拘束の低減と転倒転落防止策について、私たちへの期待を確認する
4.法律に基づいた看護補助者と看護師の役割分担について学ぶ
5.多職種協働のために、私たちが抱えている課題を共有する
6.多職種連携を支援するツールとその活用の実際について学ぶ
研修の内容 〈オリエンテーション〉
・研修の狙い……研修目的と内容、進め方を確認する。
・仕事から得る感動……自己紹介の中で看護補助業務での感動体験を共有し、自分にとっての仕事の魅力を再認識する。

〈看護補助者の存在価値〉
・看護補助者の役割と変遷……看護補助者の役割の変遷を振り返る。また、現在から将来に向けての変化を確認する。
・患者から見た看護補助者の存在価値……患者・家族から期待される看護補助者のサービスについて確認し、自らの存在価値を検証する。
・身体拘束の低減と転倒・転落防止……身体拘束の危険性を確認する。同時に看護補助者の力で低減のために何ができるかを検証する。
・身体拘束となるスピーチロックとは……身体拘束とみなされる中にスピーチロック「座ってて」「食べないで」があることを理解する。

〈看護師との業務分担〉
・保健師・助産師・看護師法とは
・看護補助者が担当できる範囲
・測定と判断の相違
 ……保健師・助産師・看護師法に基づいて、看護補助者の業務範囲や内容を確認する。また演習を通して、その考え方に基づいた判断基準を養う。
・報告の仕方
・情報共有とツールの活用
 ……観察したことについての、看護職をはじめとする多職種への好ましい報告、問題とされる報告をケースメソッドで学ぶ。

〈カンファレンス〉
・カンファレンスの目的
・カンファレンス 15分/名
・カンファレンスのまとめ
 ……Careの事例を通してカンファレンスを行い、Care時の観察・報告について学ぶ。

〈まとめ〉
・感想、疑問点など……看護補助者としてのこれからについて感想を述べあう。
研修の時間 〈旭川〉3/29(金)
備考 〈旭川〉3/29(金)

サイト検索

記事一覧