【後輩部下指導育成コース】PT・OT・STのための後輩指導のスキル 基礎編

セミナー名 【後輩部下指導育成コース】PT・OT・STのための後輩指導のスキル 基礎編 研修日数 1日
対象者 PT・OT・STの後輩指導の任にある方 持ち物 筆記用具
研修の狙い 新人や若手のPT・OT・STが「定着しない」「戦力化が進まない」etcが、リハビリテーション科の課題となっています。これらの悩みを克服する鍵は「後輩指導力の育成」です。
このプログラムは、指導者となる先輩の「教え方」「後輩と向き合う姿勢」「ミスへのリーダー行動」を培うことを目的としています。

〈目標〉
1.人材開発システムにおけるOJTとは何かを理解する
2.後輩のOJT担当者に求められる考え方、指導のスキルは何かを確認する
3.体験学習の基本理論を学ぶ
4.後輩の成長段階に合わせた指導の目標、指導の進め方を学ぶ
5.きっちりとした仕事の指導手順書の作り方を学ぶ
6.仕事の振り返り(リフレクション)を支援するスキルについて学ぶ
7.問題に気づかせるフィードバックのスキルを学ぶ
8.仕事の魅力を伝える指導について検証をする
研修の内容 〈オリエンテーション〉
・研修の狙い
・アクティブラーニングとは
セミナーの目的、内容、進め方を確認する。
対話学習の意義を確認し、体制を作る。

〈後輩指導者の意義〉
・後輩指導の歴史
・指導者と役割とスキル
体系的に新人指導が必要になった社会的背景を理解する。また、指導者の役割を確認する。

〈育成する能力〉
・専門能力とは
・基礎能力とは
・社会人基礎力とは
・組織人の4タイプ
きっちりとした仕事の成果につながる専門能力や基礎力とは何かを学ぶ。またこれらを活用する能力(社会人基礎力)について学び、指導につなげる。

〈体験学習と指導〉
・体験学習の理論
・学習タイプ
・熟達の五段階モデル
・成長段階に合った指導とは
体験学習サイクルを理解するとともに、熟達モデルを学び、成長段階にあった指導のあり方を学ぶ。

〈教え方のスキル〉
・四段階教授法
・マニュアルとは
・指導の手順書づくり
・ロールプレー
四段階教授法に基づいた指導フローを学ぶ。
特に指導手順書(仕事の手順、コツ、知識)を作成し、「教える」を体験する。

〈振り返りのスキル〉
・リフレクション
・質問と傾聴
・フィードバック
・柔らかい表現方法
内省学習のフロー、内省学習を支える質問、傾聴の進め方を演習で学ぶ。
効果的なフィードバック、受け手が受けとりやすいフィードバックのコツを学ぶ。

〈仕事の魅力を伝える指導〉
・キャリアとは
・仕事の魅力を確かめさせる
仕事の魅力を確認させることは継続的な成長に不可欠。ここではそのための関わりについて学ぶ。
研修の時間 〈東京〉7/21、8/7 〈オンライン〉7/28、8/15、9/19
備考 〈東京〉7/21、8/7 〈オンライン〉7/28、8/15、9/19

サイト検索

記事一覧