• トップ
  • 公開セミナー
  • 【キャリアパス要件Ⅱ~介護スキルアップpart1】介護スタッフ研修 「観察力」と「報告力(伝える力)」を磨く

【キャリアパス要件Ⅱ~介護スキルアップpart1】介護スタッフ研修 「観察力」と「報告力(伝える力)」を磨く

セミナー名 【キャリアパス要件Ⅱ~介護スキルアップpart1】介護スタッフ研修 「観察力」と「報告力(伝える力)」を磨く 研修日数 半日
対象者 看護補助者、介護職、トレーナーコースを目指す看護師など 持ち物 筆記用具
研修の狙い このプログラムは、最も患者に関わる機会が多い介護スタッフを対象としています。そして、介護職とは「患者の尊厳を守り、患者に安全・安心・安楽な療養生活の提供に貢献できる人材」と定義づけ、理想の人材育成に向けてケースメソッドで学びます。
参加者にはまず、ご自身が実際に行ったCareを1つ選択して、事前課題の用紙に「どのような患者のどのようなCareだったか」「何のために、どこから、どのようにして情報を得たか」「観察で得た情報をどう報告したか」を記入していただきます。それらを基に、個々の事例をカンファレンスで振り返り、「この気づきを次のCareにどう活かすか」の学びを深めていきます。

〈研修の目標〉
1.介護とは何を通して患者に貢献することかを検証する
2.私たちの観察から体の状態の何が分かるのかを学ぶ
3.観察で得た情報の読み取り方をケースメソッドで学ぶ
4.私たちの観察から得た情報を介護にどう活かすか、何を学びなおすか、を考える
5.把握した情報の保助看法に基づいた「報告・連絡・相談」について学ぶ
研修の内容 〈オリエンテーション〉
・研修の狙い
・グループづくり
研修で学ぶことは何かを確認し、個々の参加目標を設定する。また、グループ学習の場づくりをする。

〈Careスタッフに期待される観察力〉
・なぜ、いま、観察力か?
・看護と介護の相違
患者がCareを必要とするのはどのようなときか、個々の体験を振り返る。また、看護職と介護職の支援は何が異なるのかを対話を通して学び合う。

〈ケースの読み取り〉
・ケースの共有
・カンファレンスで振り返る
自己の観察に合わせて他者の視点で同一ケースを多角的に、深く眺めなおしてみる。

〈観察の介助への活用〉
・情報の介護への活用
観察で得た情報から「患者の体に何が起きているのか」を対話を通して考え、自分なりの回答を得る。また、それらを今後の介護にどう活用するかを考える。また、何を学びなおさなければならないかを明確にする。

〈看護師との協働〉
・適切な報告
 ①タイミング ②項目 ③表現 ④伝える順番etc.
患者の安全と安楽はチームで完結させていることを再度確認する。その上で、効果的な報告・連絡・相談について検証する。

〈まとめ〉
・成長目標の設定
・事後課題、事前課題の確認
本日の学びを整理する、と同時に個々に明日からのCareに何をどのように活かすかを目標化する。
研修の時間 〈オンライン〉7/14、8/12、9/8
備考 〈オンライン〉7/14、8/12、9/8

サイト検索

記事一覧