5回~コンプレィセンシー

2002/02/07


「危険な状態にあるにもかかわらず、ノホホンとしている状態」をコンプレィセンシーといいます。

こんな実例があります。

「良く知っているはずの空港で、タクシーウエイをミスしそうになった。先行機のランプエリアに惑わされたのと、慣れによる不注意が原因」

<解説>タクシーウエイとは、滑走路から駐機場までの異動区間を指します。

こうしたコンプレィセンシー病は、特にベテランに多いようです。

「自分は仕事が出来るんだ」という自信が裏目にでるのでしょう。

そういえば、看護婦さんの事故の発生率もそうです。

経験年数 0~1年代が30.8%  
     1~3年代が28.3%
に対して 3~5年代が37.5%と多いのは、
コンプレ病におちいった結果かもしれませんね。