ブログ 2012/10

失敗って何か?

投稿日時:2012/10/19(金) 04:15

新人フォローアップ研修で次のことを尋ねた。

A.感動体験からの成長
①感動体験を書く
②その体験から気づいたことは何か?
③失敗体験の後に変化した行動や考え方は何か?

B.失敗体験からの成長
①失敗体験を書く
②その体験から気づいたことは何か?
③失敗体験の後に変化した行動や考え方は何か?

その中で
感動体験になるか、失敗体験になるかは紙一重のことが多いことに気付いた。

永井 則子

新人は体験からこんなにも学んでいる

投稿日時:2012/10/13(土) 15:36

今週は
新人フォローアップ研修で「体験を振り返るシリーズ」
傾聴の連日でした。
 
・感動体験を振り返る       →仕事から得られたこと
・失敗体験を振り返る       →失敗体験から学んだこと
・報告連絡相談の失敗を振り返る→報告連絡相談の達人への6か条
 
失敗体験に耳を傾けるほどにドラッカーの言葉が身に染みました。
 
成果とは百発百中のことではない。百発百中は曲芸である。
成果とは打率である。
弱みがないことを評価してはならない。そのようなことでは、意欲を失わせ、士気を損なう。
 
成果とは長期のものである。
すなわち、まちがいや失敗をしない者を信用してはならないということである。
それは、見せかけか、無難なこと、下らないことにしか手をつけない者である。
人は、優れているほど多くのまちがいをおかす。優れているほど新しいことを試みる。
 
 
新人さん方は感動や失敗体験の中で
こんなにも深く考え、このように多くのことを学び取っていたのか。
と、深く理解できました。
 
失敗とは、成果とはについて
改めて指導者として考え直さなければならないと強く感じました。

新人の成長は仕事の結果で測るものではない
強く認識しました。

フォローアップ研修とは

投稿日時:2012/10/12(金) 01:25

秋は「〇〇フォローアップ研修」というタイトルの研修が多い。

そもそもフォローアップとは「相手にリクエストをさせる」との意味合い
したがって「教える」というよりは「体験の振り返りと整理」をするメニューになる。

昨日からの「新人フォローアップ研修」では

*感動体験の振り返り → その感動体験の後の自分の感情や行動の変化 
 → 感動体験をもとに仕事から得ているものを考える

*失敗体験 → その体験から学んだこと 

*大きな失敗にしないためのポイントは何か

*報告・連絡・相談での失敗体験 → そのことから学んだ報告・連絡・相談のコツ

とワークばかりを続けた。

ファシリテーターの手腕が問われる・・・。

しかし、
ファシリテーターになった先輩たちの新人の見方が変化したことが大きな成果だ
・随分いろいろなことを考えていたのだなぁ
・さまざまな学びや気づきをしていたのだなぁ
・結構日々の仕事から学べているのだなぁ
・先輩の一言に影響されているのだなぁ

など、日ごろ見えない内面をみてホッとしている様子だった。

新人の成長が見えないことから不安になって「レポート提出」をすることが多いが
質問を投げかけながら進める方が本心や成長を確実に実感できる。

そんなことを感じた一日となった。

永井 則子

シンポジウムの総合司会~勉強になりました

投稿日時:2012/10/08(月) 06:46

NPO医療安全教育協会の理事を務めていることから
「地域医療と看護教育」とテーマのシンポジウムの総合司会を担当しました。

大垣女子短期大学との共同開催で企画と準備はすべて学校側で進めて頂き
当日になってマイクを持つだけでしたが企画、運営のみなさんから学びになることがた
くさんありました。

印象にのことたことは多々ありましたが

看護学生から医療事故に合われたご家族としてパネリストとなっている方へ
「自己に合われてからの医療者への思いをお聞かせください」
と素直な質問にパネリストからは
「今でも許せない思いは変わらないのですが、皆さんのきらきらと輝く目を見たり
 このように対話をする機会を重ねる中で医療者との距離が少しづづ近くなっていることを感じます」
とても豊かで含蓄のある返答が返ってきました。

どのようなトラブルも対話による解決が大切なことを改めて肝に銘じた次第です。



永井 則子
 

教え方のロールプレー

投稿日時:2012/10/06(土) 21:40

教え方のロールプレーを実地指導者研修で行った。

「テープの張り方とはがし方」という単純なことでしたが
シナリオ作成から教えるまで行ってみて
実践には頭で考えている以上に沢山の要件があることを再認識した。

準備の段階で物品の点検を怠ったことによる失敗
患者にははっきりと意思表示していただくことの方が勉強になる
など面白い面白い。

次はどのようなことがあるか楽しみ。



<< 2012年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログテーマ