ブログ

調剤のロボット化でミス0

投稿日時:2020/02/29(土) 08:40

薬局のロボット化によって
調剤ミスの発生は0に抑えられ、患者の待ち時間は3分の1に短縮された

日本病院薬剤師会近畿学術大会で発表された。
合理化によってできる時間は病院なら「薬剤総合評価調整加算」に繋げてほしい。
■入院時のポリファーマシー(有害事象を伴う多剤投与)の解消策
(1)処方の総合的な評価・調整の取り組み
       
報酬額は100点

(2)減薬に至った場合
        2種類以上の減薬につながった場合は「薬剤調整加算」(150点)
(3)「退院時薬剤情報連携加算」
         入院前の内服薬を変更・中止した患者について、薬局に変更・中止理由や患者の状況を文書で提供した場合に(60点)


 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2020年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログテーマ