ブログ

転院を進めるとき「配慮ある言葉」をトレーニングすべし [日常]

投稿日時:2017/06/06(火) 05:23

地域包括Careシステムが推進される中で

 

■退院調整や退院支援の際に患者様方やご家族の皆様が

『「追い出された」と言われてしまう。』

■外来では慢性疾患の患者を地域のクリニックに戻そうとし

『「他へ行けと言われた」と苦情が来る』

 
このようなケースでは

言われている内容に腹が立っているのではなく

如何にも配慮の無い伝え方に腹を立てているのだろうと
私の体験から推測
しています。

 

・このまま私が主治医でありつつけたいとの思いはありますが

・誠に恐縮なのでが

・大変残念な思いではありますが宜しければ…

何故、クッション用語用語を使わないか…

・提案をお受けいただき有難うございます

・長い間遠方まで通院を頂き有難うございます

何故、感謝の言葉を使わないか…

 

それらの配慮を表現する言葉がなく

「紹介状書ますから外でお待ちください」

と伝えられると
転院を検討していたとしても腹が立ってきます。

 

 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2020年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログテーマ